すごいテクニック!車の査定が面白いほど高値にできる

車買取でネットが必須の理由と買取金額

インターネット媒体は、
今や私たちの生活には必要不可欠なものです。
調べ物をする際にも重要ですし、
人によってはお仕事でその媒体を用いている方もいらっしゃるでしょう。
そして車買取にとっては、その媒体は本当に大事だと思います。

 

ネット媒体を利用すれば車の買取に関する色々な情報を集められますし、何よりも車の買取金額です。

 

例えば一括査定サイトがそれに該当します。

 

あれを利用すると、一度に多くの業者に対して査定を依頼できるのです。
業者間でのライバル意識が生じますので、必然的に
査定金額も高めになりやすいと言われています。

 

しかし電話や来店などで1社1社訪問していると、かなりの時間と手間がかかってしまうでしょう。
手間と時間と売却金額という理由により、ネット媒体がある方が確実に有利ですね。
それとネットオークションを利用できるのは、大きいと思います。

 

例えばカーラインというネットオークションのサイトがあるのですが、

 

あそこを利用すると車買取の業者よりも
高い金額で売却できる事があるそうです。
車売却で一番大事なのは高く売る事なのですから、
そのメリットは大きいですね。

 

しかもカーラインの場合は、専門のアドバイザーの方が付いてくれます。
色々なサポートを受ける事ができますので、オークションの中でもかなり手間がかからないと思います。

 

ただしカーラインのサービスを利用する為には、ネット媒体は必須なのです。
ネット媒体が無いと、あの業者のサービスは利用できません。
ネットがあるとカーラインで高く売却できる可能性があるだけに、その媒体は重要ですね。

 

このような状況になっている事を考えると、
やはり車買取を行う為にはインターネット媒体はほぼ必須ツールの1つなのかなと私は思います。

車の年式は、買取り金額を大きく左右する要素の1つです。一般的に10年落ちの車などは、ちょっと売却額は厳しくなりがちですね。業者によっては、10年落ちの車は有料引き取りになってしまう事もあります。

 

しかしそのような年式の車でも、きちんと買い取ってくれる業者があるのも事実です。低年式の車などは、業者をよく選ぶのが大事でしょう。

 

10年落ちでも買い取り可能なGTNET

 

では具体的にどの業者ならば低年式の車を買い取ってくれるかというと、その1つがGTNETです。その業者はスポーツカー専門なのですが、10年落ちの車でもしばしば買い取っています。

 

例えば今年の3月なのですが、その業者は2,002年に販売されている車を買い取っています。そうかと思えば6月の時にも、2,002年に発売されていた車を買い取っているのです。

 

ですのでGTNETの場合は、年式が微妙な車でも買取は可能ですね。しかも比較的高い金額が付いている事例も幾つか見られますので、一度は査定を依頼してみると良いでしょう。

 

かなり以前の車ならば高く売れる可能性も

 

そして1つ興味深いのが、かなり前に販売されているスポーツカーを高く買い取っている事例です。今年の4月に買い取ったそうなのですが、金額は200万円台ですね。車の買取額としては、かなり高い方です。
ヴェルファイア下取り

 

そして年式なのですが、1,980年代の終盤です。恐らくその車の場合は、プレミア価値を評価されているのではないでしょうか。かなり昔に販売されている車などは、あまり車道で見かける事がありませんね。ある程度古い車の場合は、価値も高くなる事がある訳です。一般的に20年前などに販売されている車は、プレミア価値も付きやすいようです。

 

このように「やや昔に販売された車でも買取が可能」なのは、GTNETの特徴の1つですね。

続きを読む≫ 2015/01/02 23:25:02

車の売却をすれば、もちろん最終的にはお金が支払われる事になります。売却をすればもちろんお金を手にする事になるのですが、その場合ごく稀に税金が関係してくる事があるのです。結論から言うと、売却額次第では確定申告が必要になる場合があります。

 

車買取では、かなり大きな売却額が発生する事がありますね。100万円を超えるような売却額も、決して珍しくないのですが。
ところがあまり多くの売却額が発生すると、今度は税務署に対する納税の手続きが発生する場合があります。ちょっと難しい用語で申し上げると、譲渡所得が発生する事があるのだそうです。

 

そもそも車買取という手続きは、譲渡が発生している事は間違いありません。自分が持っている車を誰か別の方に渡す訳ですから、それは譲渡になりますね。
ところで税金というのは、利益が発生した時にかかってくる事が多いです。サラリーマンの方々がお金を稼げば、所得税が引かれるでしょう。手元にお金が入ってくれば、税金を納める事が多々ある訳ですね。それと同じく、譲渡所得が発生すれば納税しなければならない事もある訳です。

 

このため車の売却に伴って多くの金額を手にしたのであれば、それを全て使わないよう気をつけなければならない場合があります。全て使ってしまいますと、翌年の納税の手続きでちょっと困ってしまいますね。ですので車買取によって多くの売却額が発生したのであれば、しばらくの間はお金を使わずに保管しておくのが無難ではあります。

 

ただそのパターンの納税が起きるのは、極めて稀だそうです。例えば新車の段階では50万円で買った車を、買取店に130万円などで売却すれば、80万円分の利益が発生しますね。そのような時は、たいてい納税にはなります。
レガシィ 買取

 

もっとも、正直そのようなケースは非常に少ないですね。ただごく稀に納税が発生する事は、一応覚えておいた方が良いと思います。

続きを読む≫ 2014/11/27 18:08:27

車の売却額は、年式と非常に大きな関係があります。数年前までの車の場合はそれほど金額が下がらなくても、ある一線を超えると大きく金額が超える場合があるのです。

 

いくつか事例を見てみましょう。例えばある車の場合、次のような状況となっています。150万円台と130万円台120と万円台と110万円台と70万円台です。この数字が何を示すかというと、ある車種の年式別の売却額です。150万というのは2012年に販売された車であり、130万は2011年です。以下2010、2009と続きます。ちなみに、これは買取店での売却額ですね。

 

ご覧の通り、年式が古くなるにつれて売却額は低くなる訳ですね。そして上記の数字を見ると、70万円台の下落率は大きいですね。実に40万円近くも下がっているのですから、かなりの下落と言えるでしょう。実はその年式は、いまから6年前に販売された車なのです。

 

ちょっと別の車も見てみましょう。110万円台と100万円台と80万円台と70万円台と50万円台というデータもあります。こちらの場合は、80万円と50万円の時の下落幅が大きいですね。それぞれ、今から4年前と6年まに販売されたデータです。

 

このように4年前と6年前というのは、1つのボーダーラインになっているようです。3年以内に販売されている車はそれほど価格が落ちなくても、4年落ちとなると大きく下がってしまう事もある訳ですね。ですので3年落ちもしくは5年落ちの車を持っているのであれば、そろそろ車の見直しを行うために売却を検討するのも一法でしょう。また10年落ちの車も、かなり下落幅が大きくなる傾向があります。ですので9年落ちの車を持っている方も、そろそろ売り時かもしれませんね。
ハリアーの買取査定で損をしない売却術

 

もちろん「全て」の車で4年と6年と10年が節目という事にはなりませんが、1つの目安にはなるでしょう。

続きを読む≫ 2014/11/11 01:07:11

ラビットワールドは、事故車の買い取りに強みがある業者です。この業者に車を売る時にはもちろん査定を受ける必要がありますが、その流れは全部で7段階になります。

 

まず1段階目ですが、ラビットワールドに対する連絡ですね。電話もしくはインターネットでその業者に連絡する事になりますが、この業者の場合はモバイルサイトでも連絡を受け付けているのが特徴です。

 

2段階目なのですが、ラビットワールドの担当者からの連絡です。その際に売却見込み額が提示されますし、第3段階の出張日時の打ち合わせなどが行われます。
第3段階がその査定当日というわけですが、この業者の場合は出張査定となります。査定金額が提示されますが、もちろん他の業者と比べる為に一旦保留する事もできます。ちなみにその際の査定金額は、ラビットワールドと提携しているオークションの情報を元に算出されるそうです。

 

第4段階は、契約成立です。あくまでも第3段階で顧客が納得した場合のみ、契約成立となります。

 

第5段階なのですが、車の引き取りになります。ただし引き取り前に、必ず書類を用意しておく必要がありますね。ちなみにラビットワールドで必要な書類は、他の車買取業者とほぼ同じです。車検証や納税証明書など色々な書面が必要になります。
ミラ 買取

 

ちなみにどのような書面が必要なのかは、事前にラビットワールドに確認しておいた方が良いでしょう。その方が売却手続きがスムーズだからです。
第6段階は、ラビットワールドによる買い取り金額の振り込みです。なおこの業者の場合は、査定金額の変更が行われる事はないようです。必ず契約書が交わされ、トラブルが発生しないようになっているそうなのです。

 

そして最終段階は、登録情報の変更です。いわゆる名義変更に相当するものですが、変更完了後はラビットワールドから書面が郵送されるそうです。
以上の7段階となりますが、6段階目と7段階目でトラブルが発生する事は無いようですね。ラビットワールドは信頼できる業者だと思います。

続きを読む≫ 2014/11/09 02:50:09